>

包丁と砥石をより長持ちさせるには

包丁と砥石を使う上での注意点

包丁は錆びます。ステンレス製の包丁はあくまでも錆びにくい包丁です。錆びたら使えないというわけではありませんが、長持ちさせたいなら錆びさせないようにしましょう。包丁は使ったら洗って、水気を拭き取る方が良いです。

鋼製の包丁の場合、コンロの火であぶると包丁の強度が弱くなる可能性があります。

包丁の取っ手が金属部分を木で挟み込んでいる場合には、取っ手に水が溜まらないように注意しましょう。長い間使っていると、隙間が空いてそこに水が溜まって、金属部分が錆びて使えなくなってしまいます。

包丁を研ぐとき、砥石の同じ場所で研いでいるとそこだけ削れてしまい、砥石の表面が平面ではなくなってしまいます。砥石の表面が平らでないと、上手く包丁を研ぐことができません。

砥石を使った後は、水で洗い流し、自然乾燥させ、傷つかないように新聞紙で包みます。新聞紙で包んだ砥石は、湿気が少ない日の当たらないところで保管します。

砥石の代用になるもの

包丁を研ぎたいときに砥石がない場合、砥石代わりに包丁の切れ味を良くすることができるものがあります。

アルミホイルを何枚も折り重ね、それを包丁で切るとある程度、包丁の切れ味を回復させることができます。包丁は使っている内に、目に見えない小さい傷かついていきます。アルミホイルを切ると、アルミホイルがその小さな傷に入り、傷をふさぐので、包丁の表面が滑らかになります。

陶器で出来た食器の底部分にある輪っか状になっている糸底を、砥石の代わりに使うことができます。糸底を水で濡らして、包丁の刃を糸底に当てて、手前に引く動作を数回繰り返します。陶器をしっかりと固定して、あまり力を入れないようにして包丁を引きます。

これらの方法は、あくまでも砥石がなかったときの応急処置的なものです。包丁は、砥石で研ぐのが一番です。


この記事をシェアする