>

切れ味の良い包丁のメリット

包丁の素材の違い

包丁は色々な素材で作られていますが、使われている素材によって、包丁に特徴があります。

ステンレスで出来た包丁は、丈夫で錆びにくく、切れ味も長続きします。なので、市販の包丁はステンレスの包丁が主流で販売されています。

鋼で出来た包丁は、包丁の中でも切れ味が鋭い包丁になります。しかし、切れ味は鋭いのですが、鋼は柔らかいので、切れ味が悪くなりやすく、包丁を頻繁に研ぐ必要があります。また、錆びやすい包丁でもありますが、研ぎやすいので手入れはしやすいです。

セラミック製の包丁は、軽くて切れ味も良く、その切れ味が長続きする包丁になります。しかし、他の素材の包丁と比べると、もろいので、硬いものを切ると刃が割れたり、折れたりしてしまうことがあります。また、切れ味が悪くなっても、特別な道具でないと研ぐことができません。

包丁の用途の違い

一般的な包丁は三徳包丁で、別名を万能包丁または文化包丁と言います。この包丁は、肉類を切る用の牛刀包丁と菜切り包丁の良いところを併せ持った包丁です。なので、この包丁は肉と野菜を切ることに適した包丁になります。

牛刀包丁は、刃渡りの長い肉を切るための包丁で、たくさんのサイズがあります。

菜切り包丁は、野菜を切る用の包丁で、刃がとても薄いので、千切りやかつら剥きをするのに適しています。また、根元の方の刃が尖っているので、ジャガイモの芽を取りやすいです。

出刃包丁は、魚や鶏を下ろす用の包丁です。包丁の刃が重くて厚いので、太い骨を切断することができます。お刺身などの魚の身を切るときには刺身包丁を使う方が良いです。

ペティナイフは、小型の牛刀包丁で、ジャガイモやリンゴの皮むきのような、手にもって行う作業に向いています。


この記事をシェアする